カマグラはバイアグラのジェネリック医薬品として誕生して、バイアグラより安価でED治療ができるということで多くの人に利用されています。ED治療薬には副作用がつきものという印象がありますが、きちんと調べることで避けることが可能な副作用もあります。せっかくカマグラを使うならしっかり調べて効果的に服用しませんか?

  • ホーム
  • レビトラの基本情報をご紹介します

レビトラの基本情報をご紹介します

レビトラは即効性に優れたED治療薬としてカテゴリされています。
有効成分であるバルデナフィルを含有していますので、勃起を促す役割に大きく貢献してくれるでしょう。
バルデナフィルは、勃起を継続させるために必要となるcGMPを壊すPDE5を抑制してくれる働きがあります。

これまでのED治療薬に満足いく効果を実感できなかった方にレビトラをお勧めできるのは、その効果として食事の影響を受けにくい性質があるからです。
食事に左右されないことから、今まで食事のタイミングに振り回されていた方にはより使い勝手がよく、マッチしているといえるでしょう。
さらにレビトラは、糖尿病疾患の方に対しては特に、これまでの名前が知られてきたED治療薬と比較すると有効であるということもわかっています。

基本的には性行為を行う約30分前に、1回1錠を水またはぬるま湯で服用します。
食事に左右されませんが、特にパワーアップさせて行為に臨みたいという方は空腹時に服用した方がより効果を実感できるでしょう。
持続時間の効果は個人差もありますが、おおよそ5時間から9時間ほどです。
また、多少のアルコールも心配することはありません。
通常の生活に対しての支障もなくその作用は性的刺激を受ける事で起こり、力強い勃起力と持続に優れた長時間を得ることができます。

レビトラは、パッケージの炎マークのイメージから伝わるように、すぐに着火できるかの様な即効性の実感が期待できます。
レビトラの薬剤価格においてジェネリックタイプになると1錠剤あたりが約190円程度で購入することが可能です。
バリフもレビトラのジェネリック商品に当てはまります。

値段が安いジェネリックタイプは継続して服用したい方にとってもお求めやすい価格で購入でき、またその即効性の効果も変わらないため評判も高いのが特徴です。
服用の際には商品説明にしっかりと目を通し十分にその働きを把握して正しい服用方法で使うことも大事です。

レビトラジェネリックの種類について

レビトラは即効性に優れたED治療薬として有名ですが、このことはパッケージにも強く表されています。
レビトラのパッケージには炎のマークが描かれていますが、これはマッチの炎をイメージしたものです。
マッチを擦ればすぐに着火しますが、レビトラも服用すれば直ぐに効果が現れますので、イメージにぴったりと言えます。

レビトラの即効性の高さは、有効成分であるバルデナフィルの特性によるものです。
バルデナフィルは水に溶けやすく、服用すると素早く体内に吸収され、最高血中濃度に達しますから、食事の影響も受けにくく、概ね700kcal未満であれば食後に服用しても大きな影響はありません。
ただし、レビトラの薬剤価格は1500円から1800円が相場となり、経済的な負担が大きくなるのが唯一の欠点です。

この欠点を解消するのがジェネリック品です。
実はレビトラの国際特許期間は残っており、多くの国ではジェネリック品を製造販売することはできませんが、インドは特許の考え方が他国と異なり、「製法」「有効成分」に分かれています。
インドも製法については特許期間内ですが、有効成分については期間が満了していますのでレビトラのジェネリック品を製造・販売することが可能です。

そこで、インドではバリフを筆頭にバルデナフィルを有効成分とする、ブリトラやサビトラなど様々な種類のジェネリック品が販売されています。
なお、薬剤価格については、いずれも190円程度となり非常にリーズナブルに購入することができます。
最近では、ゼリー状のバリフゼリーや早漏防止効果もあるサビトラマックスなど、付加価値がついたジェネリック品も販売されており、薬剤価格もそれぞれ300円、450円が相場ですから、リーズナブルであることに変わりありませんので用途に合わせて使用できます。

関連記事